未来のオトナたちへー。

未来はどうなっているのでしょうか?

どんなに技術が進歩しても、人として幸せな未来が開けていくことを 願わずにはいられません。

未来の「技術」は?「アート」は?そして「心」は?...。

そんなことに思いをはせながら、今年の企画をみんなで考えました。

今と未来について、オトナもこどもも一緒になって感じて、遊んで、考える。

それが「第10回子どもフェスティバル」のテーマです。

第10回逗子こどもフェスティバルのチラシができました!

クリックすると大きな画像で表示します

タイムテーブル

タイムテーブルの画像をクリックするとプログラム一覧ページに移動します

3/27(日) シンポジウム & 映画「地球交響曲 第一番」チケット絶賛販売中!

逗子文化プラザホールカウンター、インターネットから購入できます。

映画『地球交響曲 ガイアシンフォニー 第一番』

ドキュメンタリー映画「地球交響曲第一番」は、母なる星・地球の未来にとって、極めて 示唆的で重要なメッセージを持っている世界の6人の人々をドキュメントしたオムニバス 映画です。

登場人物は、いずれも現代の常識を越えた事を成し遂げた人、あるいは体験した人々です。地球の未来を思うとき、どうしても悲観的になりがちですが、この映画は「人の心のための元気薬になれば」という願いとともに製作されました。

[対象]中学生以上
[定員]100 名 [料金]映画鑑賞 1,000 円
[チケット取扱い]文化プラザホールカウンター
[チケット予約] http://peatix.com/event/138802
[問合せ] icrie-Lab 柴田"shiba"雄一郎/080-6534-5977 cfes@freedom-sunset.com

シンポジウム「今日生まれた20年後大人になる子ども達の未来予想図」presented by icrie-Lab

2100年には日本の人口が半分になり、仕事の半分以上を人工知能が担う時代がやってきます。

地方創生から未来創生へ、20年後の日本が子ども達にとってより良い社会になっ ている為にオトナは今何を考え、何を実行すれば良いのでしょう?そして、未来を担う子 供達に何を伝えるべきでしょう?

新しい価値を創出するクリエーターや研究者などのスピーチを通して次世代への価値観、子ども達の未来について考えます。アート、テクノロ ジー(ドローン技術)、文化・教育、マインドフルネス、モノ作り、ワークスタイルなどの 先進的分野のキーマンからお話をうかがいます。

[対象]中学生以上 [定員]100名
[料金]シンポジウム参加費無料
[企画] icrie-Lab
[問合せ] 柴田"shiba"雄一郎/080-6534-5977 cfes@freedom-sunset.com

[協賛] 株式会社 学研プラス
[事前予約] http://peatix.com/event/138802

※先着100名の事前予約制につき講演のみ参加ご希望の方もお早めにウェブからご予約ください。